外国人技能実習制度とは?メリット・デメリットを解説

協同組合パートナーのブログ担当です。

今日は、「外国人技能実習制度って何なの?」という、とってもシンプルな疑問にお答えしたいと思います。

この記事を読めば、「なんとなくわかったふりしてる」という方でも、技能実習制度についてカンタンに理解することができます。

ぜひ、最後までお読みください^^

外国人技能実習制度って何??カンタンに解説

厚生労働省のホームページには、以下のように記載があります。

外国人技能実習制度は、我が国が先進国としての役割を果たしつつ国際社会との調和ある発展を図っていくため、技能、技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することを目的としております。

平成28年11月28日に公布され、平成29年11月1日に施行された外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(平成28年法律第89号)に基づいて、新しい技能実習制度が実施されています。

厚生労働省HP より引用

つまり

技能実習制度の目的は、日本で培われた技能・技術や知識を開発途上国に伝えること
で、人材を育てて国際貢献をすることです。


技能実習生は、日本企業と雇用関係を結ぶことで、自国では修得が困難な技能を習得することができます。

期間は最長5年の実習が、技能実習計画にもとづいて行われます。

外国人実習生にとってだけではなく、企業にもメリットがあります。

外国人技能実習制度を利用するメリットとは?

メリットは大きく以下の3つです。

・人手不足の解消
・最低3年在籍で安定した人材を確保できる
・企業内の活性化

順番に見ていきましょう。

人手不足の解消

少子高齢化の中、なかなか若い労働力を確保するのはどの企業でも苦戦しています。

そんな中、計画通りに実習生として若者が学びに来てくれるのは、企業にとってはとても助かる労働力!

勉強熱心な実習生だから、仕事を覚えるのは早いです。

最低3年在籍で安定した人材を確保できる

1年経過後に試験がありますが、技能評価試験があります。

難易度は加点方式で60点以上(100点満点)で比較的簡単です。

1年目でしっかり業務と日本語をマスターしていればクリアできます!

企業内の活性化

技能実習生でやってくる方は、意欲や好奇心に溢れた若者がほとんどです。

元気な若者がやってくることで、社内の雰囲気がよくなるのはカンタンに想像できます。

外国人の方と一緒に「働く」「話す」ことでお互いに刺激をもらい、会社内の雰囲気の活性化が見込めます。

外国人技能実習制度を利用するデメリットとは?

デメリットは以下3つです。

・導入当初はコミュニケーションが困難
・日本人以上のケアが必要
・コンプライアンスを厳しく

順番に見ていきましょう。

導入当初はコミュニケーションが困難

入国前・入国後に日本語の勉強はしてくるものの、導入当初はやっぱりコミュニケーションが困難です。

しかし、勉強熱心な子たちがほんとに多いので習得も早いです。

たくさん話しかけて、日本語能力を少しずつ上げてあげましょう。

日本人以上のケアが必要

先述の話とかぶりますが、コミュニケーションの問題・文化の問題があります。

就業中の事故がないように、地域のお祭りに参加して慣れるようになどなど

積極的に関わって、日本文化に触れてもらいましょう。

コンプライアンスを厳しく

社内規則・業務マニュアルなどを見直しましょう。

怪我をするような危険なことがないよう、必要であれば翻訳版をつくる。

なにげないルールでも言語化が大切です。

技能実習制度はこんな企業様におすすめ

  • 若者の雇用がなかなかうまくいかない
  • マンネリ化した社内を活性化させたい
  • グローバル化の足がかりにしたい

この他さまざまな思いで、技能実習を利用くださる企業様がございます。

国際貢献にもつながるので、本来の業務以上のやりがい、達成感も得られます。

外国人技能実習制度ってなんなの?のまとめ

今回は外国人技能実習制度について、簡単にまとめました。

ニュースでは一部のネガティブな「奴隷制度」「失踪」などが露出しがちです。

しかし、実態は「技能実習を利用してよかった」とリピート下さる企業様がほとんど。

実習生も技術を学び、日本語を学ぶために企業で就業されてます。

「技能実習生を利用してみようかな?」

「少し興味がわいてきた」

という企業様がいらっしゃいましたら、気軽にお問い合わせ下さい。

協同組合パートナー
TEL:093-967-3128

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です